トップページへ

     2017年「一日一章」 聖書を毎日通読するために手助けとなる良書をピックアップしました。


朝の道しるべ 聖句断想366日 教文館 A6判・並製(文庫) 1,500円+税
小島誠志著
 日ごとに新しくみ言葉に出会い、生きるための力を与えられる珠玉の言葉。好評の「聖句断想」シリーズから優れた黙想366篇を精選、一日一章として再編集しました。ハンディで読みやすいA6判(文庫)です。
カール・バルト 一日一章 キリスト教団出版局 A5判上製 8,800円+税
カール・バルト著 リヒャルト・グルーノー編 小塩 節・小槌千代訳
 神学者カール・バルトの著作・講義・説教など、膨大な言葉を丹念に掘り起こし、教会暦に従って日々の黙想のために、再編集した労作を二人のドイツ文学者が精魂込めて新たに訳出。バルト神学読者から始めて出会う人まで、バルトとともに祈る365日。
日々の祈り(通常版) キリスト教団出版局 A6判 1,500円+税
J・H・ジョエット著 日野原善輔訳
 日野原重明氏の父である日野原善輔牧師がは、イギリスの大説教者ジョエットの祈りに心をよせ愛読しやまなかった。神の業への賛美、種々の職業にある人々への祈りなど、キリスト教につらなる人々の信仰を時代や空間を超えて養い育てていく日々の祈り366篇・
詩篇とともに祈る365日 キリスト教団出版局 A5判並製 2,600円+税
E・H・ピーターソン著 比企敦子訳
 神との豊かな対話にあふれた詩篇、そに言葉に耳を澄ませ、深い思索によって自らの祈りを重ね会わせる、日毎の祈り集。
慰めと励ましの言葉 マルティン・ルターによる一日一章 教文館 A5判 2,800円+税
徳善義和監修 湯川郁子訳
 深い聖書の読みの蓄積によって生まれたルターの様々な説教や著作から選ばれた日ごとの黙想集。宗教改革者ルターの聖書に迫る気迫と息吹きに触れながら、共に力強く慰めに満ち、真実で快い神のことばに出会う。
一日一生(新版) 教文館 四六判 2,500円+税
内村鑑三著
 一日は貴い一生である。これを空費してはならない、そして有効的にこれを使用する道は神の言を聴いてこれを始むることにある.・・・・・と語る内村が聖句に付した味わいを一年365日に配列した独特の聖書日課。
祈りの花束 新教出版社 B4判変形 3,000円+税
V・ズンデル編 中村妙子訳
 聖書から現代までのキリスト者の祈りから、初代教会を経て現代までキリスト教の歴史の中で連綿と続いてきた偉大な信仰者たちの祈りの大集成。公同の祈り、密室の祈り、熱い祈り、厳粛な祈り、素朴な祈り・・・・・家庭で、教会で共に続く時に、全ての人の琴線に触れ共鳴を起こす感動的な一大詩華集。 
今日のパン 明日の糧 聖公出版社 B6判 2,000円+税
ヘンリ・JM・ナウエン著 河田正雄訳
 ナウエンが晩年に著した365日の黙想。人が信頼と希望、とりわけ愛を持っていきていくために必要なエッセンスを簡潔な言葉で著述。
365日の聖書 ー創世記からヨハネの黙示録までー キリスト出版社 四六判 3,600円+税
賀来周一著 
 教会暦を念頭において、聖句を創世記からヨハネの黙示録までの各巻から選んでいるので、一年を通して聖書の全体像を知ることができる。また、類書と比べて「主のわざと教え」「使徒の信仰」「預言者の信仰」など、信仰論に基点をあてているのが特長。
マザー・テレサ 日々のことば 女子パウロ会 文庫本並製 1,200円+税
ジャヤ・チャリハ&エドワード・V・ジョリー編 いなますみかこ訳
 2010年、マザー・テレサ生誕100年を迎えます。マザー・テレサが色々な機会に人々に話したことばを集めた365日のガイド。その準備として単行本で愛続されている「マザー・テレサ日々のことば」の文庫本化。
愛と励ましのことば366日 PHP研究所 B6判変形並製 600円+税
渡辺和子著
愛とは、苦しみとは、人生とは、幸せとは、今を自分らしく「生きる」ために大切なことは何かを諭し、心に響く珠玉の言葉、一日一言。
 
いと高き方のもとに いのちのことば社 B6版上製 3,500円+税
オズワルド・チェンバーズ著 湖浜馨訳
クリスチャンの慢心を戒め、よりよきものを主に捧げるようとチャレンジを与える書。既に信仰の歩みを経ているクリスチャンに、さらに完成を目指すようにと導く聖書の日課。
新版 イエスさまはいつもいっしょ いのちのことば社 B6判変形 2,000円+税
稲垣緋沙子著
みことばとわかりやすくストレートなメッセージで、親も子も祝福された1日をスタート! 総ルビだから個人デボーションの習慣を身につけさせるためにも最適、全ページにかわいいイラスト入り。対象=小学生低学年から
エマオの道で 365日の霊想 日本聖化協力会 3,400円+税
デニス・キンロー 山崎・小川・矢木訳
 キリストのようになりたいと願うすべてのクリスチャンにとって必読の霊想です。信仰生涯に折々に起こる課題、進学・恋愛・結婚・職業の選択・使命に生きること、あるいは捻くれた人間関係、試練等ーに対して「エマオの道で」主に出会い、心から天に向かって啓かれていくのを経験することでしょう。
シスター鈴木秀子の 愛と癒しの366日 海竜社 B6判 1,600円+税
鈴木秀子著
 366ページ分のシスター鈴木の言葉。これはあなたの深みにある大きな知恵への誘いです。あなたの心は何に気づきましたか、自由に書き込みをしてあなたのオリジナルな本にしてください。

戻る